印鑑の種類と必要性

印鑑には一般的な家庭で使用されている実印、銀行印、認印の三種類があります。実印とは役所に対して印鑑登録を申請した印鑑のことです。この実印は印鑑の中でも、最も大切な役割を担っています。法的な書類や契約書、また不動産や自動車を購入した際に、実印を使用します。個人の意思を証明するものになりますので、銀行印や認印とは別にしておく必要があります。こういった実印はスーパーなどで販売している三文判を使用するのではなく、きちんとした印鑑屋で作成して貰いましょう。また銀行印は新規口座作成した際に、銀行に届ける印鑑となります。こちらも出来るだけ三文判ではなく、複製や盗用の防止となる実印を利用するようにしましょう。

印鑑は様々な用途で使用されます。特に企業における代表者印や銀行印は、取引や銀行での小切手作成などに使用します。また角印といって団体名称を示す印鑑には、会社名や団体名などを彫ります。角印に登録の必要はありませんが、企業の認印として信用度が高いものとされています。

一般家庭と企業の印鑑は用途は違いますが、やはり役所での登録が義務付けられている実印が使用されます。実印は複製が出来ないように工夫してあったり、印鑑登録を行なうことで身分証明の代わりとなります。印鑑を作成するには専門の手彫り職人に発注をお願いすることになります。当サイトではどういった時に印鑑を作成するのがいいのか、また開運による印鑑の作成についてをご紹介します。

◇管理人特選サイト
印鑑、はんこ、実印を販売している老舗の通販サイトです・・・はんこ